弁護士が発行する弁護士介入通知の効力

任意整理、自己破産、個人再生などの債務整理は個人でもできることもありますが、大抵は弁護士に依頼します。弁護士に依頼すると弁護士介入通知という通知書を債権者全員に送ってくれます。この債務者に着いては弁護士が介入して債務整理を行いますので、今後は債務者への取立てはしないでくださいという通知です。

この介入通知は債務者にとっては大きな効果があります。

通知書が届いた時点ですべての取立てがストップするのです。様々な取立てが一斉にストップするため、この間に債務者は生活の立て直しができます。自己破産のときは一切の債務の支払いが免除されますし、任意整理の場合は3ヶ月ほど、個人再生のときは6ヶ月は取立てがなくなります。

支払いの義務もなくなるため、毎月の返済に追われるということもなくなります。弁護士に依頼した人からは、もっと早く相談すればよかったと言われることも多いそうです。関連リンク>交通事故後遺障害:アディーレ

多重債務に困ったときはいち早く弁護士に相談しに行くとよいでしょう。

合わせて読む:遺産相続に関しては弁護士事務所などに相談することが大切